高島礼子が若い頃にレースクイーンになった本当の理由は、荒れ果てた生い立ちにあった?

画像引用元:https://halmek.co.jp/culture/c/entertainment/4886

今回は、高島礼子若い頃についてお話しします。

年齢を重ねるにつれ美しくなる高島礼子ですが、実は若い頃レースクイーンとして活躍していたようです。

高島礼子は何故レースクイーンになったのでしょうか?

そこには、彼女の生い立ちが関係していました。

高島礼子の生い立ちや、レースクイーンになった経緯を詳しく確認していきましょう。

この記事で分かる事
・レースクイーンになった経緯
・高島礼子の生い立ち

高島礼子が若い頃にレースクイーンになった経緯

この投稿をInstagramで見る

高島礼子(@reico.official)がシェアした投稿


✅まずは、高島礼子がレースクイーンとして活躍するようになった経緯についてお話しします。

高島礼子は女優としてデビューする前、レースクイーンとして活動していたようです。

なぜ高島礼子はレースクイーンになったのでしょうか?

レースクイーン時代

✅高島礼子がレースクイーンになったのには、ある理由がありました。

そもそも高島礼子がレースクイーンになったのはデビュー前の1987年、23歳のとき。

日本一速い男・星野一義が所属していた『キャビンレーシング』というチームでレースクイーンを務めていました。

そのときの高島礼子の画像はこちらです。

画像引用元:https://twitter.com/punks1968/status/506832203313975297?ref_src=twsrc%5Etfw

画像引用元:https://ameblo.jp/takoyakipurin/entry-12023202390.html

めちゃくちゃ可愛いですね!

若い頃からとんでもなく美人だったことが分かります。

高島礼子がレースクイーンになったのは、カーレーサーとしての費用を捻出するためだったそうです。

もともと大の自動車好きだった高島礼子は、高校を卒業してから横浜の自動車関連会社に就職し、アマチュアレーサーとしても活動していました。

21歳のときにはJAFのコンペティションモータースポーツライセンス国内A級という資格を取得し、レーサーとしての活動もエンジョイしていましたが、活動費はかさみ、赤字ばかり

カーレーサーの活動費には、主に以下のようなものがあります。

・レース用車両価格約300万円

・車両の改造代やパーツ代

・レースの参加料

・車の搬送費用

・練習費用

しかも、レーサーの給料はレース大会での獲得賞金のみ

高島礼子が取得した国内A級ライセンスは一日で取得できるもので、難易度もそこまで高くないため下から2番目のランク。

最高峰の『国際A級ライセンス』だと年収も平均1000万円程度になるのですが、国内A級だと平均年収50万円~200万円がいいところ。

高島礼子はカーレーサー一本で活動するには経済的に厳しいという理由で、レースクイーンになったのでした。

ちなみにレースクイーンの仕事内容は以下のようになっています。

・サーキットに来場したファンと一緒に撮影したりグッズを渡す

・ドライバーを日光や雨、風から守るために日傘をさす

・メディアの取材を受けたり、レース解説をすることも

華やかな衣装に身を包んでただレースを盛り上げるだけではなく、事務的な業務もこなさなくてはいけません。

一見楽しそうな仕事に見えますが、実際はとても緊張感があり、レーサーにとってなくてはならないお仕事なのです。当時の高島礼子にはそれだけ覚悟があったということでしょう。

高島礼子の生い立ちと車愛

この投稿をInstagramで見る

高島礼子(@reico.official)がシェアした投稿

✅そんな高島礼子ですが、車好きになってレースクイーンになったのには、彼女の生い立ちが関係していました。

高島礼子は、母親を若くして亡くし、厳格な父親のもとで育ちました。

父親に対する反抗心からか、元ヤンだった時期があるという噂まであります。

高島礼子の父親はテレビでバラエティ番組を見ることすら許してくれず、厳しい環境で育った高島礼子は幼い頃とてもおとなしい性格だったそうです。

そのおとなしい性格のせいか、学生時代にはいじめにあっていたとのこと…

当時のエピソードを、高島礼子は以下のように語っています。

「私、すごく内向的で、自己主張しないタイプだったんです。それに、先輩と少し話しただけで『生意気』などと言われ、いじめられたりもしていて……。長いものに巻かれて、おとなしく、みんなの話題の中にも積極的には入っていかなかったですね。そんなこともあって、強くて自立している女性に憧れていた部分があります

引用元:女性自身

元ヤンとかレディースに入っていたという噂もありますが、これは高知東生が過去にバラエティ番組で放った以下の一言が原因のようです。

『妻は元々暴走族のレディースだったので、浮気なんてした日には殺される』

元旦那が発言しているので、信憑性は高いですよね。

また、SNSでも「高島礼子元ヤンだったらしいよ」という書き込みがあります。

現在は大型バイクのツーリングが趣味

✅現在、高島礼子は大型バイクでのツーリングが趣味という情報があります。本当なのでしょうか?

高島礼子が大型バイクに乗っているというのは、撮影でハーレーダビットソンに乗っていたことから浮上した噂で、実際にプライベートでどのバイクに乗っているかは不明です。

しかし、元旦那・高知東生の影響でツーリング好きになったというエピソードはありました。

「大型バイクでツーリング」という噂は、撮影で大型バイクに乗っていたことと実際にツーリングが趣味であることが混同してしまって浮上したのでしょう。

ちなみに、ヤンキー時代にバイクで暴走していたという噂もありますが、それに関する情報は特に見当たりません。

あくまで噂どまり、ということでしょう。

高島礼子の若い頃についての世間の声

✅では、世間の皆さんは高島礼子の若い頃についてどう思っているのでしょうか?

Twitterでの意見を確認します。

「若い頃レースクイーンやっていたよね」「元アマチュアレーサーだったんだ!」と驚く意見が多数見受けられました。

高島礼子は今も綺麗ですが、若い頃は更に美しかったんですね…

それにバイクや車を乗りこなす女性は本当にカッコイイと思います!

まとめ

今回は、高島礼子の若い頃についてお話ししました。

要点をまとめます。

・高島礼子がレースクイーンになったのはアマチュアレーサーとしての費用を捻出するため
・車好き・バイク好きになったのは厳格な父親への反抗心から

高島礼子がこんなにも厳格な家庭で育ったことは初めて知りましたが、そのおかげで車という趣味を見つけられたのですね。

いくつになっても趣味を楽しみ、性別という枠にとらわれずバイクや車を乗りこなす高島礼子はとても素敵です。

今後も高島礼子の活躍を応援しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする