えなりかずきが干された以降に復活!2022年現在はバラエティへ進出!

元祖売れっ子子役として大ブレイクしたえなりかずきさん。

ですが、気づけばテレビで見かけることが少なくなってきました。
そしてまことしやかにささやかれる、業界から干されたという噂。

その原因が泉ピン子さんと仲違いしたからというものから、韓国批判したのが原因というものまで色々あります。また、結婚したという噂もありましたね!

実際、それらの噂は本当なのでしょうか?
今回はえなりかずきさんの子役時代のおさらいから現在の様子、そして噂の検証までしていきます!

えなりかずきの2022年現在はクイズ番組で活躍

気づけばドラマ出演が少なくなり、干されたのではと言われているえなりかずきさん。

ですが、その一方では多方面で活躍中だとも言われています。

なぜなのでしょうか?
「他方面」ついて調査してみました。

クイズ番組で俳優からの路線変更

実はバラエティー番組への出演が増えています。特にクイズ番組が多いようですね。
「タイムショック」や「くりいむクイズ ミラクル9」などのように。

また、クイズ愛好会のメンバーでもあるようですよ!

カズレーザーがインスタにクイズ愛好会の写真を投稿しているんですね。
左からゴールデンボンバーの歌広場淳・えなりかずき・カズレーサー・岩永徹也です。

しかもえなりかずきさんはカズレーザーさんに弟子入りしたそうです。

今後はクイズ番組への出演を中心にしていくのでしょうか。
役者からタレントへ路線変更することにしたのかもしれませんね。

趣味のゴルフを武器に実況などの仕事を増やす

えなりかずきさんは、父親の影響で3歳にゴルフを始めたそうです。
また、スパルタゴルフ塾として有名な坂田塾にも通っていたんだとか。

そのおかげか、腕前は相当なものらしくプロ並みだとも言われています。

そのおかげで、ゴルフの大会では解説や司会としてよく呼ばれています。

えなりかずきが芸能界から消えた背景

えなりかずきは一時期テレビでめっきり見かけなくなり「消えた芸能人」に位置付けされていましたが、その裏にはどんな背景があったのでしょうか?

まずはこれまでの芸歴を振り返ってみました。

「渡る世間は鬼ばかり」で子役としてブレイク!

えなりかずきさんは、3歳の時に「志村けんのだいじょうぶだぁ」でデビューしました。
そして
「渡る世間は鬼ばかり」で大ブレイク。

「えなりかずき」と聞けば、「渡る世間は鬼ばかり」の小島眞くんが浮かぶ方も多いのでは?

そんなえなりかずきさんの全盛期の頃の活躍、やはりすごかったです!
見てみましょう。

たくさんのレギュラー番組に冠番組まで!

「渡る世間は鬼ばかり」で大ブレイクしたえなりかずきさん、他のドラマへも引っ張りだことなりました。また、ドラマだけではなく情報番組やCMにも出演しています。

こちらは、その一部です。

  • 1991年~1995年 テキ屋の信ちゃん1~5
  • 2002年~2003年 えなりかずきの少年探偵 事件でござるシリーズ 1~3 ※主役
  • 2004年 えなりかずきの一休さん ※主役
  • 2008年~2010年 弁護士 一之瀬凛子1~3 ※準主役
  • 2005年4月~2009年3月 サタデー生ワイド そらナビ 司会
  • 2009年4月~2010年9月 ひるおび!・えなりかずき!そらナビ 司会
  • マルコメ CM起用
  • バトルドーム
  • ハウス食品 ククレカレー・極つゆラーメン

さらに、2001年につんく♂プロデュースで歌手デビューし、同年の紅白歌合戦にも出場しているんです!

鳴かず飛ばずの状態

では、その後はどうなっているのでしょうか?
調査してみたところ、現在はドラマでも脇役もしくはゲスト出演止まりのようです

  • 2018年9月23日 指定弁護士 ※主役である北川景子さんの夫役として
  • 2018年11月11日 遺留捜査 スペシャル ※ゲスト出演
  • 2019年11月12日 G線上のあなたと私 第5話 ※ゲスト出演
  • 2020年1月15日 知らなくていいコト 第2話 ※ゲスト出演

ずいぶんと寂しい状態となってしまいましたね。
なぜここまで干されてしまったのでしょうか?

えなりかずきの干された時期に心配する声続出

ネット上でも最近めっきりメディアでの露出が減ったえなりかずきの現状を心配する声が多くあがっている様ですね。

ここまで心配される程、露出減となったえなりかずきにどういった背景があったのでしょうか?

その真相を紐解いていきましょう。

えなりかずきが芸能界から消えた原因その①:泉ピン子との摩擦説


画像引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/19/gazo/20170919s00041000082000p.html

えなりかずきさんが芸能界から干された理由のひとつとして、泉ピン子さんが関係していると言われています。どういうことなのか、早速調べてみました。

泉ピン子との共演NG

えなりかずきさんと泉ピン子さんといえば、やはり「渡る世間は鬼ばかり」で親子な二人、ですよね。

そうそう、「渡る世間は鬼ばかり」は1990年に始まり、実に30年間も続いているんですよ!

それなのに、なんと、えなりかずきさんが泉ピン子さんとの共演をNGにしたと、週刊文春が報じました。

記事によると、泉ピン子さんと共演をすると謎の発疹が出たりと体調がおかしくなったりするのだとか。

そのため、共演を一切拒否したとのこと。
身体に異変が起こるとは、これは相当なものだということが窺い知れますね。

共演NGが報道されたのは2019年10月でしたが、では、二人の共演が最後になったのはいつなのでしょうか?

泉ピン子との最後の共演は2015年の特番!

2015年に放送された「渡る世間は鬼ばかり」の特番。
これがえなりかずきさんと泉ピン子さんの、事実上最後の共演となった番組でした。

以降、泉ピン子さんとの一緒に画面に映るようなシーンはありません。
えなりかずきさん演じる息子は出張していたり、母親(泉ピン子さん)への伝言を父親に依頼するなどのように、不自然な演出になっています。

このことに対して泉ピン子さんは「イジメた覚えは全くない」「嫌われたらしょうがない」と言っていたそうです。

なぜここまでこじれてしまったのでしょうか?

「泉ピン子vsえなりの母」の母親対決が二人の確執の発端

えなりかずきさんが共演NGを突きつけるほどにこじれてしまった原因として、えなりかずきさんの母親が取り沙汰されています。

一体どういうことなのでしょうか?

実は、えなりかずきさんの所属は個人事務所なのですが、そこの社長は父親です。そしてマネージャーが母親なんですね。

なので、「渡る世間は鬼ばかり」の収録にも当然母親が付いて来ていました。

しかも、ステージママでもあったようで、指導も事細かくしていたようなんです。

一方、泉ピン子さんとしても、えなりかずきさんのことを息子同然に溺愛していたとのこと。
幼い頃から共演していたから、そうなるのも自然なことと思えますよね。

それゆえに、演技指導もしていたようです。
きっとえなりかずきさんのことを思ってのことだったのでしょうね。

ですが、それが当の本人にとっては次第にストレスになっていたようです。
身体中に発疹が出るほどまでだったので、かなりのものだったのかもしれません。

それだけではなく、えなりかずきさんの母親は泉ピン子さんの陰口をたたいていたらしいんですね。

そのことに気づいた泉ピン子さん、
えなりかずきさんに「あんたは母親から自立した方がいいわ」と。

これに母親はキレてしまいます。

その結果、二人の共演はNGになったと言われています。
実の母と芸能界の母との壮絶なバトルがあったのですね。
どちらも、えなりかずきを溺愛しているために起こってしまった悲劇だと言えます。

えなりかずきが芸能界から消えた原因その②:韓国批判説

えなりかずきが芸能界から干されてしまった原因として、韓国批判も挙げられています。
検証してみましょう。

頻繁な韓国の猛批判

実は、えなりかずきさんは過去に韓国を痛烈に批判しているんです。
それは2013年4月13日放送された「たかじんNOマネー GOLD」という番組内の「毒舌王決定戦」という企画での出来事でした。

  • 半分国営企業みたいな会社が数社、世界的に有名になっただけで、何でも韓国が世界一みたいな言い方をする
  • 野球のWBCで日本対韓国が終わったあとに旗を立てたこと
  • スポーツにナショナリズムを持ち込むのは最低
  • 韓国人は個人ではいい人もいるが、国として付き合うには距離を置きたい相手
  • 本当に最近(韓国は)嫌い

などなど、かなり過激な発言をしていました。

テレビ業界は韓国批判をすると干される?

では、なぜ韓国批判をすると芸能界から干されてしまうのでしょうか?

その一因として、テレビ業界に在日が多いからでは?と言われています。

過去に、直木賞作家の野坂昭如さんが「マスコミは在日だらけ!そして特に多いのはテレビ界」とテレビ番組で激白したことがありました。日本人の方が圧倒的に少数派だというのです。

また、エジプトの首都カイロ出身でタレントのフィフィさんが、在日外国人に関する政策への批判や意味深な発言などをSNSで繰り返しています。

例えば、

さらに、えなりかずきさんの韓国批判についてもこのように述べていました。

えなりかずきさんはどうやら芸能界のタブーを犯してしまったのかもしれませんね。

過激発言騒動後はブログの更新がストップ

えなりかずきさんのブログは、2013年7月を最後に更新がされていません。

そのため、韓国批判をしたことに対してなんらかの制裁があったのではないか?と言われています。

ですが、その番組は大阪のローカル局だったことや、えなりかずきさんの発言についてはスタッフ側も事前に把握したうえでの放送だったため、芸能活動に影響はないという見方もありました。

えなりかずきが芸能界から消えた原因その③:セクハラ疑惑

最後はセクハラ疑惑について検証していきましょう。
そうなんです、えなりかずきさんが干された理由にセクハラ疑惑もあるんですね。

一体誰にどんなセクハラ行為をしたのでしょうか?

ドラマ共演者からセクハラクレーム?

ドラマ共演者からクレームが来ていたと言われています。

これは、2014年のドラマ「ごめんね青春!」に出演した時の出来事です。

えなりかずきさんは、中村静香さん演じる原エレナの夫役として出演していました。

この時、中村静香さんに対して後ろから抱きつくシーンもありました。
ですが、実はこれは台本にもなく、リハーサルでも特に指示されなかった演出だったんですよね。

これはえなりかずきさんのアドリブだったことを、のちほど中村静香さんが明かしています。

ゆえに、ネット上では、中村静香さんへのセクハラだという指摘も挙がっていました。

えなりかずきの結婚について

彼は結婚しているのでしょうか?
ちなみに、えなりかずきさんは1984年11月生まれの37歳です。(2022年時点)

調査してみたところ、まだ独身だということが分かりました。

では、過去に熱愛報道はあったのでしょうか?

実は、2007年、フルート演奏者yumiさんとの熱愛報道がされました。

番組での共演がきっかけのようです。
しかも、yumiさんがえなりかずきさんの付き人をしていた時期もあったとか。
そのため、結婚秒読みと報じられていました。

しかし、わずか2年で破局しました。
お互いに多忙なゆえにすれ違ってしまったとか。

今後の熱愛報道に期待したいと思います。

まとめ

子役として大ブレイクしたえなりかずきさん。

ですが、気づけばネガティブな情報もでてきて、いつしか「芸能界から干された」と噂されるほどに露出度が下がりました。

それでも細々と仕事を続けているようです。
しかもドラマだけではなく、クイズ番組出演やゴルフ大会の解説・司会と幅広く活動されていることもわかってきました。

えなりかずきさんの今後の動向から目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする